koboでhtmlアプリ?

ファームウェアV2.4で再び動作するようになりました

楽天の電書リーダkobo、盛り上がってますね。いろんな意味で。

koboは、USBストレージとして中身が直接見え、そこにファイルを放り込むだけで書籍として認識される、という自由度の高いところが一つの素晴らしいところです。

書籍として認識されるファイルとして、htmlも有効なんです。普通の使い方としては、テキストファイルをhtml化して入れると、ページネーションをして読めるということなんですが、このhtmlはjavascriptが動くんですね。

というわけで、アプリっぽいものが作れるんじゃないかと試してみよう、というのがこのページです。

どこまでできる?

javascriptが動くといっても、普通のブラウザに比べればいろいろ制約があります。

ちょっと調べた結果、いままでわかってるのは以下の様な感じです。

てなところで、まあ本格的アプリは無理でも、その場限りでちょっと動きがあるもの、なんかは作れそうです。

まずはこんなの

canvasは使えるので、javascriptでcancasに描画するアナログ時計です。秒針が動きます。

インターバルタイマも動きます。電子インクの特性から、素早い書き換えは苦手ですが、このように1秒ごとのアニメーションならなんとかなってます。

koboで使うには、こちらのリンクをPCで開いて、ファイルとして保存して、koboに転送してください。koboのブラウザで開いても動きますが、htmlファイルは保存できないので、PCから保存する必要があります。

あ、お約束ですが、これを動かして何か不具合が起こってもだれも保証しませんのであしからず。

以下、続く、かな。